トップページ浜北ロータリークラブ紹介 ロータリークラブって何ですか 当クラブの活動内容をランダムに紹介
 
 
国際親善奨学生

青少年交換プログラム

ロータリーの友コラム
 1999〜2000年度雑誌委員
 2000〜2001年度雑誌委員


植林フォーラム

ロータリアンギャラリー


【浜北ロータリークラブの交換留学生】    (写真をクリックするとプロフィールになります)

2001〜2002
受入学生

achel
icole

レイチェル・ニコル
(呼称ニッキー)

アメリカ
1998〜1999
受入学生

Adrienne 
Hammond

エイドリー・ハモンド
(呼称エイドリー)

アメリカ
1998〜1999
派遣学生

村松大地
浜松北高校
アメリカ派遣

1996〜1997
受入学生

Alessandra
Laguna

アレサンドラ・ラグーナ
(呼称アレー)

ブラジル
1996〜1997
派遣学生
河合大呉
浜名高校
ブラジル派遣
1994〜1995
受入学生

Melanie
McGuire

メラニー・マクガイア
(呼称メラニー)

アメリカ
1994〜1995
派遣学生
高田絵麻
海の星高校
アメリカ派遣

【交換学生プログラム】

 <青少年交換プログラム
  (Youth Exchange Program)とは>

世界のいたるところで国際理解と親善を推進することを目的として、外国の地区と青少年を交換する国際ロータリーのプログラムです。期間は普通1年間で、それぞれの地域の学校へ通うことになります。

派遣する学生は地区内のロータリークラブで受け付け、地区で選考して決めます。高校生ならロータリアンの子弟でなくても応募する資格があります。

浜北ロータリークラブは1994年度からこのプログラムに参加しています。詳細は当クラブにお尋ねください。浜北市在住の家庭の高校生ならみんな資格があります。

 受入れる学生は原則的に派遣先の地区の学生となります。1家庭に3ヶ月ぐらいのホームステイで1年間を過ごします。高校での勉強はもちろん、日本の文化や日本語の習得を行いながら、帰国後もお互いに連絡し合い国際親善に貢献することを願っています。

(ロータリー交換学生の目的)
 ロータリー青少年交換プログラムに基づき、青少年を一定の期間、海外のロータリークラブの会員の家庭にホストをしていただき、その家庭の一員として生活をしていただきます。
 現地の学校に通学してその国の国語を習得する事はもちろん、その生活を通じて風俗、習慣、文化を見聞しながら国際理解と親善を推進する善意と国際理解のロータリー使節であります。 
 毎年世界中で8000人の高校生(または年齢制限以下の卒業生)が交換プログラムに参加しています。


◆2620地区の交換実績国
 オーストラリア・カナダ・スウェーデン・メキシコ・アメリカ合衆国・ブラジル・ニュージーランド・インド。
(相手国の事情により変更する場合もあります。
また必ずしも希望国になるとは限りません。)

◆留学期間

 約1年間とします。留学期間の短縮・延長等は原則として認められません。

◆海外での生活
 ロータリークラブの会員、または関係ある家庭に2〜3ヶ月ずつ、4〜6家庭で、家族の一員として生活を共にし、高校に通学します。

◆費用

 往復の航空運賃、渡航手続き費用、保険、被服(制服を含む)及び若干の所持金は、各自の負担になります。
 海外での生活費、学費は受入ロータリークラブが負担するほか、若干のお小遣いが(支給額は国によって違いますが、5000円程度)毎月支給されます。

◆応募資格
 年齢は出発時、15歳以上・19歳を越えないこと。
応募時、出発時に高校在学中であること。
在学高等学校で、成績が概ね2分の1以上であること。
在学高等学校校長の推薦を貰えること。

◆申込方法

 学校所在地にあるロータリークラブを通じて申し込みを受け付けいたします。

◆選考試験
(毎年10月に予定)

 試験内容 スピーチ(日本語)、筆記試験、面接、そして英語力の予定。

皆様のお力をお借りしています
浜北ロータリークラブ
事務所:ビラックス高薗内 501号室
〒434-0023 静岡県浜松市浜北区高薗381
053-587-1212(TEL) 053-587-0118(FAX)

jimu@hamakita-rc.net