トップページ浜北ロータリークラブ紹介 ロータリークラブって何ですか 当クラブの活動内容をランダムに紹介
 
 
国際親善奨学生

青少年交換プログラム

ロータリーの友コラム
 1999〜2000年度雑誌委員
 2000〜2001年度雑誌委員


植林フォーラム

2000年 2/3 IM

ロータリアンギャラリー

  


【2000〜2001年度 プログラム】
ロータリー国際親善奨学金(Rotary Ambassadorial Scholarship)

   

ロータリー国際親善奨学金
(Rotary Ambassadorial Scholarship)

 ロータリー財団のプログラムのひとつで、
民間の留学プログラムとしては、
世界最大のものです。
その中に、ジャパンプログラムというのがあり、
日本のみが 利用できる試験的プログラムで、
外国からの留学生に日本語研修と
日本文化に触れることを目的として、
国際親善を図ろうとするものです。

 浜北ロータリー・クラブでは
2000
年4月から1年間、
ホストクラブとして国際親善の任務を果たしました。

    


奨学生
Niger Sultana(ニガ−・スルタナ)
バングラデシュ人
1970725.生れ女性)
最終学歴
ダッカ大学栄養科学修士  

奨学金
29,000ドル
日本語学校
L.L.E.S.(浜松)日本語コース
カウンセラー
乾 昇
(浜北RC)

滞在日誌

 43日、名古屋空港に到着したときはややおどおどした感じだったが、その夜、浜松西ロータリー・クラブとの合同観桜例会では英語で堂々と挨拶をした。

日本語も少しずつ上手になり、
7
31日には浜北ロータリー・クラブでスピーチ。
もっとも、原稿はローマ字書き。
浜松市内のアパートから、学校へ通うこととし、
47日には入学式で日本語の勉強が始まった。

 市長への表敬訪問、市役所で外国人登録、郵便局で口座開設、電話取付等々当初は大変だったが、すべてクリア。
 なかなかしっかりしたお嬢さんなので、安心した。
 
8月は1ヶ月間夏休みで、富士山、鳥取、仙台などへ知人を頼って旅行をした。


 9月からは、再び日本語学校へ。そのころから、日本の大学への入学意欲が高まり、カウンセラー宅へ3日にあげず来て、名古屋大学、香川女子大等へとメールで交信、最後に静岡県立大学食物栄養科学大学院コース受験を決意。
受験のための論文作成等、精力的に行動開始。
1月には、教授の学費免除での入学許可を取り付ける。
2月にはカウンセラーも同行して教授を訪れ、打ち合わせをしたが、奨学金の目途が付かず、最終的に諦め帰国することとなる。

 一方、プログラムに従って、実用研修を3ヶ月やることになっており、1月から3月まで県西部浜松医療センターの診療技術栄養科で実務をしながら日本語を勉強することとした。
 
カロリー計算や栄養価のバランス計算など、さらに患者との会話など楽しみながら、実用的な日本語の勉強ができたようで、急速に日本語が上達した。
 この間もL.L.E.S.へは午前中だけ通い、文法的な日本語も学んだ。
 あっという間に1年が過ぎ、327日、関西空港からシンガポール経由で帰国した。
 この帰国旅行には、来日当初数日ホストファミリーを務めた村松辰芳会員の奥さんと子供
3人が同行。最後まで国際親善の役目を果たしてくれた。
皆様のお力をお借りしています
浜北ロータリークラブ
事務所:ビラックス高薗内 501号室
〒434-0023 静岡県浜松市浜北区高薗381
053-587-1212(TEL) 053-587-0118(FAX)

hmkt-rc@mb.neweb.ne.jp