ROTARY INTERNATIONAL THEME

2021-22年度 シェカール・メータ RI会長テーマ

ナマステ。ロータリーの世界各地から集まった「Movers and Shakers」の皆さん、こんにちは。

地区ガバナーエレクトである皆さんはMovers(動かす人たち)であり、私は「シェカール」です。

今日、皆さんは、奉仕とリーダーシップの旅路において、とても大切な一歩を踏み出します。

これからの17カ月間は、皆さんの人生で最も素晴らしく、実りあるときとなるでしょう。

この期間を、人生で最も充実したときとすることができます。

この期間には、私たちが共有するロータリーのビジョンに導かれながら、大きな夢に向かってくださるようお願いします。

皆さんは、計画を立て、目標を定め、その目標を達成するようロータリアンにインスピレーションを与えてやる気を引き出します。

その目標とは、会員を増やしてロータリーの参加者基盤を広げるという目標、そして、世界に奉仕してより大きなインパクトをもたらすという目標です。

この旅路において、皆さんは、地区のロータリアンおよびローターアクターと目標を分かちあい、「もっと行動し、もっと成長する」ための意欲を喚起するという大きな役割を担います。

これは、私たちを導く信念です。

「もっと行動し」とは、より大きく、インパクトをもたらす奉仕プロジェクトを意味します。

「もっと成長する」とは、会員を増やし、参加者基盤を広げることを意味します。

会員増強は引き続き、最も大きな課題です。

過去17年以上、ロータリーの会員数は120万人のまま横ばいとなっています。

力を合わせて、これからの17カ月間でこれを変えようではありませんか。

変革者であるガバナーの皆さんには、会員増強という点で、今、ロータリー史上最大の変革をもたらす機会が訪れています。

過去17年間にロータリーが達成できなかったことを、今後17カ月間に達成することにチャレンジしてください。

そんな夢は大きすぎる、とおっしゃるかもしれません。

「夢は大きく」と私からお願いするのであれば、私自身が先頭に立たなければなりません。

私がインスピレーションを受けた言葉の一つに、ジョージ・バーナード・ショーの次の言葉があります。

「存在するものだけを見て、『なぜそうなのか』と考える人もいる。
しかし私は、いまだかつて存在しないものを夢見て、『なぜそうでないのか』と考える。」

ですから皆さん、夢は、2022年7月1日までに会員数を130万人に増やすことです。

この信じられないような目標をどのように達成できるでしょうか。

その答えは、「each one, bring one」、つまり、今後17カ月間に各ロータリアンが新会員一人を入会させるようお願いすることです。

皆さんがすべきことは、17カ月間にたった一人を入会させるよう、地区のすべてのロータリアンにお願いするだけです。

皆さんご自身が模範を示し、また地区内のクラブ会長にも模範を示してもらうことで、これを確実にできます。

全クラブのロータリアンがこれを実行すれば、そのそれぞれが「変革者」となり、新たにロータリアンとなる人の人生を永遠に変えることになるのです。

(一部抜粋)

関連サイト

コラム第2620地区
マイロータリー
ロータリーの友
ロータリーインターナショナル
ロータリー文庫
出席予定表例会変更
PAGE TOP
MENU